今注目したい芸術情報(美術・創作・文芸)

時代文化ネット運営者が選んだオリジナルの芸術情報です。管理者は(一社)アートシップインターナショナル広報を担当しています。活動を通じて見聞した芸術情報や独自に自分の感性で紹介したい情報の発信を目指しています。

画像はフランス・ロワール地方の風景です。(撮影者は水彩画家・長尾周二で自身の作品を制作中の様子です。またデザイン等はサイト管理者で無断での転用・転載を固く禁じます)

原則アーティストや事業者など氏名は特別な事情がない限り敬称略で記載しています。


今注目したいアーティストや芸術関係事業者を評判の大小にかかわらず発信します。
時代文化ネット運営者が個人的な感性やつながりで選んだオリジナルの芸術情報です。


フランソワーズ・イカール展(ギャラリーGK)6
東京・銀座のギャリーGK
(写真提供者:水彩画家・長尾周二)

新型コロナウイルス感染拡大防止について
当サイト運営者は上記の方針を最優先して活動を行っております。それにともない国や行政体、医療機関の方針や施策、またそれに関連した社会規範や良識にできる限り沿った形で芸術や文化の振興活動に協力する所存です。

画家・加藤恵美子(油彩)

ブログネタ
今注目したい芸術家と芸術情報(絵画・書道・創作・文芸など)全般の紹介 に参加中!
少し前の話になりますが、2020年2月下旬に東京都国立市の「コートギャラリー国立」で画家の加藤恵美子が個展を開催しました。ちょうど新型コロナが国内でも流行りだしたころで、私個人もうかがうことができませんでした。
どこも同様だと思いますが、後で話を伺ったらやはり通常の状態よりも観覧された方が少なかったということでした。予期せぬ社会事象に大きく影響されてしまいましたが、他の多くの業界も同じことが起こっている、昨今ですので、致し方ないのかもしれません。

画家・加藤恵美子はモダンアートの油彩の画家です。私は自分で言うのも何ですが、自分で絵を描いている人間ではないので、一言でいうと素人です。ですので画歴や作品に関してはとやかく論評することはできませんが、最初彼女の作品を一目見て印象に残っているのは、「引き込まれるような色彩」と構図でした。

前述のように美術の詳細はわかりませんが、数年前に初めて彼女の展覧会に行ったのは、当時最初に送られてきた展覧会の案内のはがきを見て直感的に「見に行ってみようかな?」と思わせるものだったから、と記憶しています。
当時いた団体はご彼女自身の事情もあり退会してしまったようですが、その後も個人で活動を続け、現在新たにEXISTENCEというグループを結成して、今年5月にグループ展も開催予定でした。ただこちらも新型コロナの影響で緊急事態宣言が発令中で、来年の6月に延期されてしまったようです。

ご興味のある方は詳細は彼女のホームページをご覧ください。(下記URLをクリックまたはタップ)
・加藤恵美子ホームページ
http://katoemiko.blog.jp/

★下の写真は先述の今年2月の個展の様子の一部です。写真はご本人よりの提供です。
画家・加藤恵美子個展2002(コートギャラリー国立)05
画家・加藤恵美子個展2002(コートギャラリー国立)06
画家・加藤恵美子個展2002(コートギャラリー国立)09

ブログネタ
今注目したい芸術家と芸術情報(絵画・書道・創作・文芸など)全般の紹介 に参加中!
画家・加藤恵美子個展2002
現代アートの画家・加藤恵美子(油彩)が東京国立市のコートギャラリー国立で個展を開催します。
彼女は色彩や奥行きにこだわり、作品を制作しているとのことで、先般アーティストグループ「EXISTENCE」(存在の意)を結成して、5月にもグループ展を開催する予定です。

画家・加藤恵美子ホームページ


お近くに行かれる方は、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

開催概要は下記のようになっています。
加藤恵美子展
場所:コートギャラリー国立

ホームページ
〒186-0004東京都国立市中1-8-32
Google map
TEL:
042-573-8282
会期:2月20日(木)~2月25日(火)
11:00~18:00  最終日16:00まで
http://www.courtgallery-k.com/access.html
電車
JR国立駅南口より線路に沿って立川方面に徒歩2分。
駐車場など車の方へ
お車でお越しの方は、ギャラリー前有料駐車場を御利用下さい。
ギャラリー前道路は一方通行の為、富士見通りより迂回してください。
入場無料

画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

↑このページのトップヘ