今注目したい芸術情報(美術・創作・文芸)

時代文化ネット運営者が選んだオリジナルの芸術情報です。管理者は(一社)アートシップインターナショナル広報を担当しています。活動を通じて見聞した芸術情報や独自に自分の感性で紹介したい情報の発信を目指しています。

画像はフランス・ロワール地方の風景です。(撮影者は水彩画家・長尾周二で自身の作品を制作中の様子です。またデザイン等はサイト管理者で無断での転用・転載を固く禁じます)

原則アーティストや事業者など氏名は特別な事情がない限り敬称略で記載しています。


今注目したいアーティストや芸術関係事業者を評判の大小にかかわらず発信します。
時代文化ネット運営者が個人的な感性やつながりで選んだオリジナルの芸術情報です。


フランソワーズ・イカール展(ギャラリーGK)6
東京・銀座のギャリーGK
(写真提供者:水彩画家・長尾周二)

新型コロナウイルス感染拡大防止について
当サイト運営者は上記の方針を最優先して活動を行っております。それにともない国や行政体、医療機関の方針や施策、またそれに関連した社会規範や良識にできる限り沿った形で芸術や文化の振興活動に協力する所存です。

2019年12月

ブログネタ
今注目したい芸術家と芸術情報(絵画・書道・創作・文芸など)全般の紹介 に参加中!
東京銀座・ギャラリーGK1902
ギャラリーGK入り口(2019年2月・藤倉春日展の時)
画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。
佐藤ひろみ展が東京・銀座の老舗画廊のギャラリーGKで始まりました。
展覧会の様子など詳細は下記リンクの「FacebookギャラリーGKファン」等でご覧ください。
ギャラリーGKファン・facebook

開催されるギャラリーGKは銀座の老舗ギャラリーで、今まで多くの作家を輩出してきました。
場所は、数寄屋橋交差点からほど近い、並木通り沿いにあります。(詳細は下記をご覧ください)

年末年始のためスケジュールが通常と違い日曜~金曜の開催となります。

開催概要
佐藤ひろみ展
会期:2019年12月22日(日)~12月27日(金)
時間:12時~19時
※最終日は16時まで
会場     ギャラリーGK
〒104-0061 東京都中央区銀座6-7-16第1岩月ビル1F
Googke Map

TEL 03-3571-0105

ギャラリーGKオフィシャルサイト

ブログネタ
今注目したい芸術家と芸術情報(絵画・書道・創作・文芸など)全般の紹介 に参加中!
以前私がネットでの広報を担当している「一般社団法人アートシップインターナショナル」が展覧会を開催したときに、会員の方の知人で作品を出品していただいたのが表題の方です。「競馬写真」を中心とした写真家です。写真家というとアーティストのような呼称ですが、彼の場合は競馬の写真を撮影するプロのカメラマンです。

というのも、ご存知の方もいるかもしれませんが・・、
競馬場でG1など大きなレースや若い有望な馬が出走するレースでは、コースに入りカメラマンがゴール付近でスタンバイしているのをよく見かけます。これは報道など様々な目的でレースや競走馬の写真を撮影するために特別な許可を得てコース内に入ることを許されたプロのカメラマンです。彼も当然その中で撮影する許可をもらって撮影しています。

競馬界の方々とも長い知り合いが多く、他の業界で知られているかは不明ですが、競馬のファンの間では有名なエッセイストなどとも古くからの知り合いで、酒をくみかわすような仲だったそうです。(残念ながらそのエッセイストの方は近年他界されてしまいました)

現在も日本ダービーやジャパンカップなど大きなレースの時には撮影を続けているそうです。
もちろん本来の目的や主宰者の趣旨に沿う目的以外には使用しないなど、様々な制約を受けて活動しているそうです。(私的な営利などには使用しないなど・・)
当時の団体の展覧会も、行政体とタイアップしたものであり、入場料や販売などは行なわずあくまでも観賞用のみの展示でした。

彼はそんな写真撮影の活動を長年ブログに記録しています。
内容は競馬のレース風景が中心ですが、このほかに彼の趣味である「旅行先での風景写真」もたくさん掲載されています。
それが下記のサイトです。

「Turfに魅せられて・・・(写真紀行)」
https://point6737.exblog.jp/
※競馬記事のページ
https://point6737.exblog.jp/i2/


ちなみに私は古くから中央競馬のファンでもあり、展覧会の出品者や内容を知った時に、すぐこちらから連絡を取らせてもらいました。

今回の私が制作しているサイトでのご紹介も久しぶりに再度連絡して紹介させてもらう旨を連絡しました。
すでに私が個人的に制作・運営している「競馬穴狙いの探求」というサイトでも紹介させてもらいました。微力ですが競馬好きの方に見てもらいたいと思ったからです。
・当方で制作している「競馬穴狙いの探求」の彼を紹介した記事
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53339576.html

今回も芸術のサイトで写真家としての彼も紹介させてもらい、彼の制作している写真のブログをぜひご覧頂ければと思い、紹介させていただきます。個人的な意見ですが、すばらしい写真の数々を堪能できます。

ブログネタ
今注目したい芸術家と芸術情報(絵画・書道・創作・文芸など)全般の紹介 に参加中!
東京銀座・ギャラリーGK1902
ギャラリーGK入り口(2019年2月・藤倉春日展の時)
画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。
五人展が東京・銀座の老舗画廊のギャラリーGKで始まりました。
展覧会の様子など詳細は下記リンクの「FacebookギャラリーGKファン」等でご覧ください。
ギャラリーGKファン・facebook

開催されるギャラリーGKは銀座の老舗ギャラリーで、今まで多くの作家を輩出してきました。
場所は、数寄屋橋交差点からほど近い、並木通り沿いにあります。(詳細は下記をご覧ください)

開催概要
五人展
会期:2019年12月16日(月)~12月21日(土)
時間:12時~19時
※最終日は16時まで
会場     ギャラリーGK
〒104-0061 東京都中央区銀座6-7-16第1岩月ビル1F
Googke Map

TEL 03-3571-0105

ギャラリーGKオフィシャルサイト

ブログネタ
今注目したい芸術家と芸術情報(絵画・書道・創作・文芸など)全般の紹介 に参加中!
ThePrelude展・楠本恵子(銀座中央ギャラリー)はがき1912
以前このサイトでも紹介した画家の楠本惠子のほか河口聖、樋口慶子、松岡暁子とともに4人のグループ展「The Prelude展」が開催されます。展覧会は12月16日から東京・銀座中央ギャラリーで行われます。ぜひご来場ください。

概要は以下の通りです。

「The Prelude展」

出品者:楠本惠子、河口聖、樋口慶子、松岡暁子
会期:12月16日(月)~12月22日(日)
時間:12:00~19:00 最終日17:00まで
場所:「銀座中央ギャラリー」
ホームページ
住所:東京都中央区銀座1-9-8奥野ビル4F403
TEL:09029198651
アクセス
・東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅10番出口から徒歩1分
・東京メトロ銀座線銀座駅A13番より徒歩5分
・JR有楽町駅京橋口から徒歩7分
Google map

画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
今注目したい芸術家と芸術情報(絵画・書道・創作・文芸など)全般の紹介 に参加中!
東京銀座・ギャラリーGK1902
ギャラリーGK入り口(2019年2月・藤倉春日展の時)
画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。
「色が色と色を語る展(グループ展)」が東京・銀座の老舗画廊のギャラリーGKで始まりました。
展覧会の様子など詳細は下記リンクの「FacebookギャラリーGKファン」等でご覧ください。
ギャラリーGKファン・facebook

開催されるギャラリーGKは銀座の老舗ギャラリーで、今まで多くの作家を輩出してきました。
場所は、数寄屋橋交差点からほど近い、並木通り沿いにあります。(詳細は下記をご覧ください)

開催概要
「色が色と色を語る展(グループ展)」
会期:2019年12月9日(月)~12月14日(土)
時間:12時~19時
※最終日は16時まで
会場     ギャラリーGK
〒104-0061 東京都中央区銀座6-7-16第1岩月ビル1F
Googke Map

TEL 03-3571-0105

ギャラリーGKオフィシャルサイト

ブログネタ
今注目したい芸術家と芸術情報(絵画・書道・創作・文芸など)全般の紹介 に参加中!
(一社)アートシップインターナショナル理事会1912
金曜日の夕方、東京・立川で(一社)アートシップインターナショナルの臨時の理事会が開催されました。
というのも、来年群馬県安中市と愛媛県松山市で日仏友好展覧会を開催に関する打合せをするためです。
当日立川には理事長(代表理事)の画家・長尾周二、理事の画家・荒井弘子、書道家・TOSENIWASAKIの3名が集まりました。私(サイト管理者)も取材というと大げさですが、オブザーバー(見物人)のような形で見学させていただきました。

松山市の展覧会は愛媛県立美術館で2020年6月23日~28日まで開催されます。
また群馬県安中市の展覧会は旧松井田西中学校の跡地を活用する形で、2020年4月下旬~5月連休明けまで開催の予定です。

詳細な日程などはこれから煮詰めますが、安中市からはすでに使用許可や、開催にご協力いただける旨を頂戴している、とのことで、使用許可証などもすでに手元に届いているそうです。
どちらもこれから関連する行政団体の後援やメディア関係などへの後援や情報発信などを依頼する予定のようです。

例年日本各地で開催している展覧会同様に、今回も理事長・長尾周二が活動している母体であるフランスの芸術団体からも展示のご協力があり、日仏の文化交流の一環として行われます。

フランスからはARTEC(欧州造形美術振興協会)のメンバーの作品が展示されます。また日本は主催団体である(一社)アートシップインターナショナルメンバーの作品や友好関係のあるギャラリーやその関係のアーティストからも出品される予定です。

また今回は地域振興ということも主眼にあり、フランスのプロのシャンソン歌手によるイベントなども計画しているそうです。

特に今回の群馬県・安中市のイベントは昨春から、地元の関係者様などと長期間にわたり計画してきました。
現在日本国内の各地で課題になっている「地域振興」や「過去の施設跡などの有効活用」などに関連した社会事業としての側面では新味の流れを作り出す可能性もあり、今後様々な部分で社会に一石を投じるような革新的なイベントになるように祈っています。

というのも、今までの他の事例がどうなのかという点では一概には言えませんが、
このようなイベントは様々な業者などを介さず、大きな費用もかけずに、しかも現在の国内ではなかなか実現できないタイプ(現役の欧州のアーティストの作品展示や文化交流をする)のイベントを一芸術団体が単独で行政体とタイアップして実現するということなるからです。(関連した周辺の皆さんのご協力を頂いての話ですが・・・)
国内のおおぜいの現役の芸術や創作で活動している方々に大きな励みになるのでは?と思います。

この件はまた進展があったり、詳細が決定しだい掲載する予定です。

ブログネタ
今注目したい芸術家と芸術情報(絵画・書道・創作・文芸など)全般の紹介 に参加中!
東京銀座・ギャラリーGK1902
ギャラリーGK入り口(2019年2月・藤倉春日展の時)
画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。
白と黒の闇に展(グループ展)が東京・銀座の老舗画廊のギャラリーGKで始まりました。
展覧会の様子など詳細は下記リンクの「FacebookギャラリーGKファン」等でご覧ください。
ギャラリーGKファン・facebook

開催されるギャラリーGKは銀座の老舗ギャラリーで、今まで多くの作家を輩出してきました。
場所は、数寄屋橋交差点からほど近い、並木通り沿いにあります。(詳細は下記をご覧ください)

開催概要
白と黒の闇に展(グループ展)
会期:2019年12月2日(月)~12月7日(土)
時間:12時~19時
※最終日は16時まで
会場     ギャラリーGK
〒104-0061 東京都中央区銀座6-7-16第1岩月ビル1F
Googke Map

TEL 03-3571-0105

ギャラリーGKオフィシャルサイト

ブログネタ
今注目したい芸術家と芸術情報(絵画・書道・創作・文芸など)全般の紹介 に参加中!
コートギャラリー国立(東京都国立市)1
土曜日の午後~夕方にコートギャラリー国立で行われている「久保田信子展」に行ってきました。
11月初旬に美術関係に知人にたまたま連絡して話していたら、この展覧会のことを教えてくれて、行ってきました。
久保田信子展(紙版画・コートギャラリー国立)1
下記にご案内をつけていますが、会期は11月28日~12月3日となっており、あと2日しかありませんので、もし行かれてみるのであればお急ぎください。写真で観るのと実際に肉眼で観るのとでは、迫力がちがいます!
久保田信子展(紙版画・コートギャラリー国立)2
作者は元は布などで作るキルトの作家だったそうです。そのころの作品の写真も見せてもらいましたが、一般で販売されているものとは違い、ひじょうに手の込んだ作品に見えました。

またその後版画を制作するようになったそうですが、自分のペースで制作活動ができる「紙版画」を選んだそうです。我々が子供のころに図工の授業で作ったものと同じ原理らしいのですが、とても素人には作れないような、むしろ精密な絵画のようなものに見えました。
久保田信子展(紙版画・コートギャラリー国立)3
そして作品はカラーのものもありましたが、モノクロのものもあり、それぞれに懐かしい郷愁をさそうような風景のものも多かったです。彼女は対象物をまず写生するらしいのですが、必ず現地で写生するようにしているそうです。雪景色などが多いのですが、山深いところに分け入って、大変な思いをすることもたびたびだそうです。
久保田信子展(紙版画・コートギャラリー国立)4
久保田信子展(紙版画・コートギャラリー国立)5
また展示作品を見ればわかるのですが、彼女は山が好きで、ワンゲルなどの趣味もあるようです。
その流れで雪景色など自然の風景や、きれいな植物に魅せられて、制作をしているようです。
久保田信子展(紙版画・コートギャラリー国立)6
雪景色などは雪国育ちやスキーや雪山の好きな方には、大変懐かしい風景を楽しむことができます。
しばしの時間でしたが作品群を満喫しました。

開催概要は下記のようになっています。

コートギャラリー国立【ギャラリー1・2】(表記の展覧会は2で開催)

ホームページ
〒186-0004東京都国立市中1-8-32
Google map
TEL:
042-573-8282
会期:11月28日(木)~12月3日(火)
11:00~18:00  最終日16:00まで
http://www.courtgallery-k.com/access.html
電車
JR国立駅南口より線路に沿って立川方面に徒歩2分。
駐車場など車の方へ
お車でお越しの方は、ギャラリー前有料駐車場を御利用下さい。
ギャラリー前道路は一方通行の為、富士見通りより迂回してください。

また【ギャラリー1】において同時開催の展覧会で、「森田美恵子銅版画展」も行われています。

どちらも入場無料です。

画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

↑このページのトップヘ